平成29年度 第3・4回物療校友会 学術部放射線部会勉強会 一泊研修を開催しました。

開催日時:平成29年11月4日(土) 16:30~ 平成29年11月5日 12:00
開催場所:神々の宿る郷 かつらぎの森

上記の日時・場所で平成29年度 第3・4回物療校友会 学術部放射線部会勉強会 一泊研修を開催しました。
今回も沢山のご参加を頂き、本当にありがとうございました。

1日目ですが、大阪物療大学同窓会会長である的場先生と、同じく物療大学の西牧先生にご講演いただきました。
的場先生には「当院における遠隔画像診断システムの導入運用の報告」を、
西牧先生には「当院の血管撮影時における被ばく線量の実態調査について」それぞれお話していただきました。
また、特別講演として大阪物療大学の教員である西浦先生に来ていただき、
「研究への道2」をお話ししていただきました。
その後は西浦先生も含めて意見交換会を行いました。

2日目の1演題目には物療校友会の夏目先生より「脳外科の手術に用いられる画像処理について」お話いただき、
2演題目は同じく物療校友会から木下先生が「手関節の撮影について」お話してくださいました。
3演題目には大分からお越しいただいた
赤嶺先生に「頭部外傷の症例検討と地域病院での放射線技師の役割」についてお話いただきました。
最後に物療校友会の西先生から「放射線治療について」をお話していただきました。

今回も新人の技師の方からベテランの技師の方まで様々な方にご参加いただきました。
この2日間、様々な発表や意見交換会などを通じて、皆様がそれぞれに交流を深めており、
非常に意味のある一泊研修となりました。
本当にありがとうございました。